デブエット 肉

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肉を食べないデブエットはあり得ない

(豚肉)

 

「太りたかったら肉は絶対に食べなくては行けません」

 

これは100%間違いの無い事実です。
ガリガリの人は圧倒的にカロリーもエネルギーも足りません。
肉は好きじゃないからいいや・・・。これは絶対にやっては行けない事です。

 

 

あなたはなんとしても太るんじゃなかったのですか?

 

それなのに肉だけは苦手、というのはおかしいのではないでしょうか?
肉が苦手、と云う人もちょっとこちらの記事を読んでみてはどうでしょうか?

 

ガリガリが食べるべき肉

 

肉って食べ応えがありますよね?
だから苦手であんまり食べないんです。


 

じゃあ、Nさん、2択で考えましょうよ。
ガリガリから太るのか、肉を食べずにガリガリのままでいるのか。

 

なんとしても太りたいんじゃ無かったのですか?

 

 

それでも肉って嫌いなんであまり進んで食べたくないんですが・・・。
どんな肉を食べると良いんですか?


 

(チャーシュー・ベーコン・焼き肉・ステーキ)

 

 

あまり難しく考える必要は無いんです。
肉と云っても料理にちょっと入っていれば良いし、結構種類も豊富なんです。

 

デブエットに絶対オススメなのが

  • チャーシュー
  • ベーコン
  • 焼き肉
  • ステーキなど。

 

ガッツリしたのが嫌ならば魚の肉でも良いでしょう。


 

なるほど。
肉と云ってもステーキだけじゃないんですね。


 

そういう事。
他にもラードやマヨネーズは高カロリーなので
好きだったらどんどん取ると良いですね。


 

ああ、そうか。
ラードでいためた野菜でも良いんですね。


 

まあ。良いんですがやっぱり、肉は直接食べてほしいですね。
正直、ここに関しては譲れないんです。

 

Nさんの気が進まない、との返事は現状が分かっていないとしか思えないです。

 

うなぎ・ウニも食べて良い?

(焼サンマ・刺身)

 

 

さっき、魚の肉でも良いって言ってませんでした?


 

もちろん。だから肉を食べるのは難しい事じゃない、っていったんです。

 

魚はタンパク質が豊富で身体にいい油も含まれています。

 

 

 

ガッツリ肉を食べるよりは魚の方が食べられる気がします。


 

魚でも構いません。食べるようにしましょう。
食べやすいのは、マグロが原料のツナ缶。

 

うなぎやウニも良いですが、値段が高いので
自分へのごほうびといった感覚で使えるのでは?

 

肉料理、ガリガリでもせめてこれくらいは。

 

 

わかりました。魚でも肉でも食べるように頑張ってみます。
魚は良いですが、豚肉は脂身が好きじゃないんですけど・・・


 

そう。ガリガリの人は肉の脂身って嫌いなんですよね。

 

出来る範囲で頑張っていきましょうよ。
このように考えてみてはどうでしょうか?


 

 

(納得:ガリガリが元気な図)

 

  • 無理はしなくていい。
  • 食べられる部分だけでも食べる
  • 代わりになる肉を食べる(時には魚で)

 

食べないのが行けない

まとめ

 

太るためには肉を避ける事は出来ません。
最もいけないのが肉料理を拒否する事です。

 

ガリガリの人は始め、知識が無いから、苦手だからと
「食べない」という結論をしてしまいます。
食事を抜くのは意識が低いことの現れで、絶対に太れない原因です。

 

 

肉料理を抜く事は、してはいけない事です。

 

「代わりにグラノーラ?バカか!」
「バナナとヨーグルト?ダイエットしているの?」

 

ここまで読んだあなたなら、こんな事を言われる事は無いでしょう。

健康的に早く太る秘密はサプリだけ

まるでCMのように急にかっこよく太ることができている人は口には出していませんが、サプリメントを使っているのではないでしょうか?

食べたものを効率よく体に吸収するには必要な栄養素とバランスがあってそれを実現しているからです。


自分の体質を気にしている方はサプリメントの併用も考えてみてください。


「えっ!?たったこれだけのことで?」

今から1ヵ月後、あなたはこのように言っているかも知れません。それほど、吸収力って重要なんですね。

そのかわり食事の改善も平行していないとダメですよ。
このサプリはあなたの努力を120%にするためのサプリだからです。

努力が0だったら0のまま。それじゃあ、もったいないですよね。

でも食事の改善を始めて、一緒にサプリを摂ったら・・・
もしかしたら、凄いことになるかも知れません。

>> 男性はこちら <<

 

ドクター・フトレマックス

>> 女性はこちら <<

 

ファティーボ


詳細のページで吸収力について学んでみてください。
少なくとも無駄な努力にならないことは分かると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加